ワーホリ基礎知識

ワーホリ保険のおすすめ4選はコレ!経験者が解説します

ワーホリの保険おすすめ
柴わん
柴わん
ねぇ、ワーホリの保険におすすめってあるの?
はやと
はやと
今回はおすすめのワーホリ保険4つと保険選びの注意点を解説するよ!

ワーホリ(ワーキングホリデー)への出発が近づき、どんな海外保険に入ればいいか悩んでいる方も多いかと思います。

「とにかく保険の費用を抑えたい!」
「保険の補償って何を重視すればいいのかわからない。。」

ワーホリに行く前は、このような保険の悩みがつきものです。私もオーストラリアへのワーキングホリデー出発前は、保険について全然わからず困っていました。

そこで今回は、ワーホリ保険の選び方おすすめの保険ベスト4をご紹介します。ワーホリの保険についての悩みが解決し、自分に合った保険がきっと見つかるはずです!

では早速見ていきましょう。

ワーホリの保険とは?

ワーホリの保険とは?
今回解説するのは、ワーキングホリデー制度を利用してオーストラリアやカナダに滞在する際に加入する海外保険についてです。
※保険の呼び方は会社などによって様々です。

ワーホリに行く人は1年間の海外保険に入る場合がほとんど。たまに保険に加入せずにワーホリをする人もいますが、海外の医療費は想像以上に高いのでオススメできません。

そもそも保険に加入するべきかを悩んでいる方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

おすすめの保険4選の前に、ワーホリの保険についての知っておくべき基本情報をご紹介します。

費用

まず一番気になる費用についてですが、日本の保険会社を利用する場合は1年間で20万円前後になります。

ただし海外保険は、補償範囲・補償額、選ぶ保険会社などによって大きく費用が変わってきます。そのため、自分に合った補償内容のプランを選び、費用を最適に抑えることがポイントになるのです。

加入方法

ワーホリの保険への加入方法は、基本的には3パターン。

  1. インターネットから
  2. 代理店から
  3. 資料請求から

まず最もかんたんなインターネットからの保険加入ですが、保険会社のサイトを通して申し込みを行います。

はやと
はやと
ただし、長期の場合はネット申込ができない保険もあるので注意しましょう!

保険会社の代理店で加入する場合は、細かく話を聞いて保険を選ぶことができます。不安が多い方は保険会社を決めてから、その会社の代理店へ行くのがおすすめです。

ワーホリ出発までの時間に余裕があって、しっかりと自分で比較してから決めたいという方は、郵送で資料請求をしてから加入する方法もあります。ただし手間や時間はかかるので、このパターンでワーホリ保険に加入する場合は時間に余裕を持って行いましょう。

おすすめのワーホリ保険と選び方

柴わん
柴わん
保険はどうやって選べばいいの?

結論から言うと、何も知識がない状態で保険を選ぶのは難しいです。「どんな保険がおすすめか」は予算やその人の健康状態によって変わるからです。

基本的に、補償範囲が広く、補償額の上限が上がるほど保険料金も高くなります。

自分にとってベストな保険を知るために、補償内容について理解しましょう!

「補償内容は難しい言葉がばかりでわかりずらい!」
という方も多いと思うので、ワーホリの保険で注目べきポイントのみにしぼって解説していきます。

見るべき補償内容

ワーホリの保険で一番注目すべきポイントは、「治療・救護費用」の補償です。

ワーキングホリデーの保険利用で約半分を占めるのが、この治療・救護費用。この項目は、病気やケガによって病院を利用する際の費用をカバーするものです。

はやと
はやと
オーストラリアやカナダでは医療費がとても高いため、治療・救護費用は最低でも1000万円は補償されるものを選びましょう!

主な補償項目

保険の補償項目は聞きなれない言葉が多く、補償内容をイメージしにくいと思います。先ほど紹介した「治療・救護費用」も含め、補償の内容と利用頻度を下の表にまとめました。

各保険プランを選ぶときの参考にしてみてください!

保険 補償内容

補償範囲の詳細は、保険会社ごとに異なる場合もあるので、申し込む前にしっかりと確認しましょう!

歯の治療には要注意

通常の海外保険には、歯の治療を補償する項目は含まれていません。そして、歯の治療も補償に含む保険を選ぶ場合は、費用が一気に値上がりしてしまいます。

なので保険料を節約したい場合は、ワーキングホリデー中は歯医者に行かなくても済むように、出発前に日本で治療や検診を終えておくのがおすすめです。

はやと
はやと
今歯の痛みがないという方でも、念のため歯医者さんで一度チェックしておきましょう!

ワーホリ保険のおすすめ4選

ではパターン別に、おすすめのワーホリ保険を4つご紹介します。ご自身に最も合うパターンはどれか考えてみてください。

「オーストラリアでのワーホリ1年間」という条件のもとで、4つの保険プランを比較してみました。
※各保険会社の料金や補償範囲は変更される場合があるのでご注意ください

ワーホリ保険のおすすめベスト4

1. 最安の費用に抑えたい場合

最安の保険
「補償範囲や補償額が少なくてもいいから、最安で日本の保険に加入したい」という方は、東京海上日動AEというプランがおすすめです。日本の保険会社の中では最安レベル。全体的に補償額の上限が低いことや、賠償責任・生活用動産が補償されない点には注意しましょう。

東京海上日動
公式ページ

2. 安く補償を増やしたい場合

バランス保険
比較的安く補償項目を増やしたい方は、ジェイアイ傷害火災保険t@bihoカスタマイズプランもおすすめです。t@bihoでは既存のプランの他に、このように自分で補償内容を選ぶこともできます。ただし、持ち物の盗難や破損にかかる「生活用動産補償」がない、という点には注意が必要です。

t@biho
公式ページ

3. 一般的な保険の場合

一般的な保険
全体的にバランスよく補償をかけたい方には、ジェイアイ傷害火災保険t@biho節約プランがおすすめ。20万円以下で、主要な補償項目すべてがカバーされます。バランスが良く安心できるため、一般的にはこのようなタイプが人気です。

t@biho
公式ページ

4. 補償内容を充実させたい場合

安心保険プラン
補償の上限額に余裕を持ちたい場合は、AIGブロンズAプラン(IW3)がおすすめです。注目すべきは、ワーホリの保険で最も利用頻度の高い治療・救援費用が無制限であること。病院を利用する頻度が多い方は、このようなプランにすると安心です。

AIGの公式ページ

ワーホリの保険費用をもっと抑える方法

ワーホリの保険費用
これまでは日本の保険会社のサービスを主に紹介してきましたが、ワーホリの保険費用をもっと抑えたいという場合は、海外の保険会社を利用するのも一つの手です。

クレジットカード付帯の海外保険(3ヶ月)+ 海外の保険会社を利用することで、さらに保険費用は安くなります。

海外の保険会社は7万円ほどのプランもあり、費用の面ではとても魅力的です。ただし、その分補償項目や補償額が少ないなどの注意点もあるので、利用する際はしっかりと補償内容を確認しましょう。

はやと
はやと
クレジットカード付帯の保険は、航空券をカードで支払った場合のみ保険が有効になるなど、カードの種類によって条件が異なるので注意しましょう。

海外の保険会社では不安で、
「自分の状況にあったプランを、日本の保険会社から選びたい」

という方は、ワーホリや留学の保険相談が無料保険Timesがオススメです!

LINEや電話・メールなど、自分の都合に合わせて相談できるので、気軽に疑問を解消できます。また保険Timesを通して各社の海外保険を契約した場合も、手数料無料なので相談して損はありません。

はやと
はやと
LINEで見積もり依頼もできるので、とても便利です!
保険Timesバナー

保険Times
公式ページ

まとめ

柴わん
柴わん
ワーホリの保険は費用だけじゃなくて、補償内容もしっかり見るのが大切なんだね!

みなさんもワーホリの保険について、知っていただけたでしょうか?

では最後にもう一度、ポイントをおさらいしてみましょう。

おすすめのワーホリ保険
  • おすすめの保険は人によって変わる
  • 保険費用と補償内容のバランスを見るのが大切
  • 治療・救護費用の補償額は1000万円以上に
  • さらに費用を抑えたい場合は海外の保険会社も

ワーホリの保険についてよく知り、心身ともに安心できるワーホリ生活を送りましょう!

長文お読みいただきありがとうございました!

ABOUT ME
矢島 隼人(やじま はやと)
矢島 隼人(やじま はやと)
オーストラリア政府認定留学カウンセラー(QEAC登録番号: O361)。オーストラリアとカナダでの計2回のワーキングホリデーを通して、複数のローカルジョブを経験。また、ワーホリ前にはフィリピン・セブ島留学も。現在はオーストラリア・フィリピンにて計40校以上の学校を視察しています。趣味はTシャツのデザイン。
LINEなんでも相談

LINEで気軽にワーキングホリデーや留学の相談ができます!

ワーホリLINE相談
ポイント
  • ワーホリ/留学/2カ国留学経験者がギモンにお答え
  • オーストラリア政府認定留学カウンセラーが現地を解説
  • ワーホリ・留学準備のお役立ち情報

ぜひ気軽にお友達追加してみてください!

Add friend